蓄電池導入のデメリット考察委員会|テクノロジーの活用術

女性

夜貯めるがポイント

ヘルメット

蓄電池を導入すると電気料金が安い時に貯め、高い時に使用することができ、電気料金を安くすることが出来ます。しかし、導入するための料金が高く、全ての場合においてメリットだけとは限りません。デメリットもある場合もあります。

非常用としての利用

ヘルメット

非常電源としても使用できるのが蓄電池です。自然災害で電気が供給できない場合でも予め貯めておくことでもしもの時に使用することが出来ます。蓄電池にはメリットもデメリットもあり、上手く見極めることが重要です。

スペースの確保が大事

ヘルメット

蓄電池のデメリットとして蓄電池の設置スペースを確保しなければならないという点があります。雨風がしのげて直射日光が当たらず、また、排熱処理がしっかりと出来る風通しの良い場所が最適とされています。

交換を考える

インターホンを交換するならココへどうぞ。多くの家庭に選ばれている理由は、迅速対応にあります。困ったときは、すぐにご自宅へお伺いしますよ。

宇都宮で外壁塗装を行なうならこちら、家の資産価値を高めることができますし、快適に過ごすための1つの手段でもありますよ。

ヘルメット

蓄電池を活用して電気料金を下げようという方法があります。蓄電池は電気を貯めることが出来る装置で、深夜料金の電気を貯めて通常料金の日中に使用することも可能です。オール電化の住宅やソーラーシステムのある住宅には最適で、多くの方が蓄電池の導入を検討しています。しかし、蓄電池にはデメリットもあります。蓄電池のデメリットとして注意が必要なのが、内部のリチウムイオンバッテリーの寿命です。リチウムイオンバッテリーは小さいながらも大容量の電気を蓄えることが出来るため、様々な電化製品に活用されています。スマホやゲーム機、パソコンなどもほとんどリチウムイオンバッテリーで電気供給をしていますが、リチウムイオンバッテリーは使っていくとだんだんと寿命が近づき、最終的には充放電ができなくなるのです。スマホを使用していてバッテリー切れの時間が早くなるのはこれが原因となっています。また、使用していくとMAXの充電容量が減っていきます。最初は100%電気を蓄えることが出来たものの、70%、50%とどんどん減っていくのです。つまり、電気の蓄えられる容量自体も減ってくるわけです。そのため、基本的には交換が必要で、運営するには定期的なバッテリー交換が必須になるでしょう。保証期間であれば無料で交換出来る場合もあるでしょうが、保証期間を過ぎれば実費で交換することになり、その都度交換費用がかかります。決して安くはなく、容量が大きくなるに連れ価格も高くなってしまいます。現在の技術では安全に使用できる製品化可能な範囲では約1200回程度の充放電が出来れば良いとされていて、頑張って5年で交換期間が訪れます。費用対効果を考えると決して良い事ばかりとは言い切れず、状況に応じて考えなければなりません。

埼玉で外壁塗装業者をお探しなら、こちらでランキング形式で紹介されてますので、参考にしてください。価格や技術力も載ってます。

おすすめ関連リンク集

  • 塗装の鉄人

    自宅のトラブルを早期解決させてみたいなら低価格で依頼ができるここ!屋根塗装をして雨漏りを防いでみよう。